So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第4回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

Swacchiメンバー マツマル選手よりレポート頂きました。




66.jpg



日時:令和元年6月16日(日)9:00スタート
場所:下総フレンドリーパーク
概要:75kmの市町村対抗個人ロードレース(1周1.5km×50周)
個人:1位-6位まで表彰 
市町村チーム:ポイントに応じて1位-3位まで表彰
結果:75km 個人ロードレースの部 6位

第4回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース in下総フレンドリーパーク
初参加で、どの様なペースで走るのか全くわからなかったので、
とりあえず前について行き出来れば完走したいと思ってレースに臨みました。


22.jpg

レースが始まると、集団の人数が多いおかげで1人の試走の時より風は感じませんでした。
ですが、思ってたより周りの動きが激しくタイヤがハスったりするのが怖かったので
前に追いついてしまった時にも横につかずに減速して真後ろでタイヤちょっと離してついてました。
おかげで自分的には安心して走れました。
ペースはスタート前に話してもらったくらいだったので覚悟を決めて走りました。



33.jpg

レース中盤には中途半端に前にいてしまって、そのまま先頭になってしまい引く力が
なくすぐ下がってしまいました。
前に出たらそのままちゃんと引ける様になりたいです!

もう一つ改善したいと思ったのはあの速度での片手運転のボトル給水に慣れてなく、
喉が渇いてきて給水したいなぁ〜と思った時にも怖くてできなくて、
自分が安心して給水できるポイントまで我慢して走ってしまいました。
これから真夏になるので、どこでもうまく飲める様にならないと危ないと思いました。



55.jpg

中盤頭がぼーっとする前に店長に水をかけてもらえたので助かりました。



44.jpg

終盤はただただ必死に前の人を追いかけてました。
何回も諦めそうになりましたがタイミングよく追い風の場所や坂に当たってなんとかついてきました。
ラスト一周はヘロヘロで全くついていけませんでした。



77.jpg

今回参加してみて思ったことは、ちゃんと自分のいる位置とかをしっかり押さえられる様に
なりたいと思いました。レース中、何回もどこに入ろうどうしようと迷ってしまいました。



11.jpg

よかった点は少しずつローラー台の効果が出てきてくれてるので、
がんばって続けて去年から目標になった沖縄100キロを完走したいです。
あともう一つは純粋にたくさんの人で走れたのですごく楽しかったです!

ありがとうございました!


第4回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース
in下総フレンドリーパーク
Swacchiクラブ No.1 決定戦!

フォトアルバムアップしました!!
@takausami


リザルト




banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第4回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

Swacchiメンバー イシイ選手よりレポート頂きました。


1.jpg


日時:令和元年6月16日(日)9:00スタート
場所:下総フレンドリーパーク
概要:75kmの市町村対抗個人ロードレース(1周1.5km×50周)
個人:1位-6位まで表彰 
市町村チーム:ポイントに応じて1位-3位まで表彰
結果:75km 個人ロードレースの部 2位

第4回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース in下総フレンドリーパーク
レース前予想:
自分が参加した過去2回と同様に少人数でのゴールスプリント、もしくは終盤逃げが決まると予想。


2.jpg


序盤:常に先頭付近にいるよう意識。
あまり後ろの状況を見ていなかったので気付かなかったが、後方集団と少しギャップができた時間もあったみたい。
追走で脚を使うより、多少風を受ける時間が長くても先頭集団で無理の無いペースで走り続ける方が良いと考えていたのでOK。
途中前回覇者のヤグチさんを中心にペースアップが図られるがほどなくして後方集団と合流。


33.jpg


中盤:ペースが緩むが風がキツく楽ではない。
特にスタート/ゴールライン手前の坂は思いっきり向かい風のため、
なるべく脚を使わないよう気を付ける。
一方で比較的体重の軽い自分が坂で上げれば他の人が少しキツくなるはずなので、
余裕がある周は気持ち踏んでみたりした。効果があったかは不明...
時々5〜6人の逃げが出来るがまだ先が長いので無理には追わず。
数周のうちに吸収する。途中で一度ヤグチさんに
「残り数周で逃げてみませんか?」と提案するが、
スプリント勝負にしたいとのことなので自分も動かないことにする。
結構大きい集団のまま終盤へ。


4.jpg


終盤:先頭を引くメンバーがほぼ固定される。オリハラさん、ヤグチさん、自分。
そこにムネヨシさんとナカヤマさんが時々加わる。
ムネヨシさんが坂で上げ、オリハラさんも先頭に出る際ペースを上げるがなんとか反応できる。
このメンバーで最終周へ。


55.jpg


最終周:オリハラさん、ヤグチさん、自分の順で最終周へ。
スプリントに備えて脚を貯めつつ走る。オリハラさんが先頭交代を要求することなく一本引き。
この局面ですごい。
ヤグチさんとのスプリント勝負になると確信する。


7.jpg

ゴール手前、登り始めでヤグチさんがスプリント開始。
ほぼ同時に腰を上げたがぴったり後ろに着くことはできず。
脚は回っていたので刺せる!と思って全開で踏むが
ヤグチさんのスプリント力が一枚も二枚も上手で差は縮まらず、二位でゴール。


888.jpg

感想:ヤグチさんよりスプリント力が劣っているのは分かっていたので
ギリギリまで後ろにいようとしたのが失敗だった。
先行して粘れば結果が変わっていたかもしれないと思うと非常に悔しい。完敗です。
基本ヒルクライムレースにしか出ない自分にとってこの大会は
ロードレースの雰囲気を味わえるとても貴重なもの。
今回もSwacchiの方々、ボランティアの方々、一緒に参加された方々のおかげで
とても楽しい時間を過ごせました。

ありがとうございました!


第4回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース
in下総フレンドリーパーク
Swacchiクラブ No.1 決定戦!

フォトアルバムアップしました!!
@takausami


リザルト




banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第4回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

Swacchiメンバー ヤグチ選手よりレポート頂きました。



1.jpg


日時:令和元年6月16日(日)9:00スタート
場所:下総フレンドリーパーク
概要:75kmの市町村対抗個人ロードレース(1周1.5km×50周)
個人:1位-6位まで表彰 
市町村チーム:ポイントに応じて1位-3位まで表彰
結果:75km 個人ロードレースの部 優勝

第4回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース in下総フレンドリーパーク
今年もやって来ましたSwacchiロードレース!
3ヶ月ほど実走しておらず、参加して良いのかどうか悩みましたが、
クラブ員の皆さんとロードレースという形で一緒に走れること、
また第1回、第2回の覇者、イシイくんが参加することもあり今年も参加させて頂くこととしました。
エントリー後は毎日天気予報とにらめっこ。
雨はどうやら回避出来そうだけど、風は避けられそうにない。気温もかなり高くなりそう。
きついレースになりそうだ!


2.jpg


当日朝
4時起床。目覚ましが鳴る前に起きてしまう(笑)外の様子を確認する。
前日からの雨は上がっており路面も開始時間までには乾きそう。
ゆっくりシャワーを浴びたあと身支度を整え6時過ぎ自宅を出発。
お腹の具合が芳しくなく途中コンビニに3回ほどよりながら(笑)8時前には会場到着。
参加の皆さんスタッフの皆さんとご挨拶。
久々に会う皆さんと談笑しながら受付を済ませ身支度、開会式に臨む。
全員の自己紹介タイムの後、突然店長から名前を呼ばれる。
どうやら選手宣誓に指名された模様。突然のことだったのでよく覚えていないが、
『自転車に乗れるコトに感謝。一緒に走ってくれる仲間に感謝。家族に感謝。感謝の気持ちを忘れずに今日も安全にゴールします!』
こんな感じの宣言を…。スタート前より緊張した(笑)


3.jpg


序盤
開会式を経て隊列を組んでのパレードラン。前後隣とのスペース、路面の感触、
風の感触などを思い出すように確かめる。
3周のパレード走行後スタートラインへ整列、スタートを待つ。
9:51 可愛いスターターの合図とともに、いざスタート!
序盤から皆元気。その元気に押され先頭付近を走る。
10周ぐらいまでは、オリハラさん、イイヅカくん、イシイくん、自分でベースメイク。
まだまだ序盤、キツイベースではない。
テニスコート入り口付近と野球場左カーブ付近の向かい風区間を気を付ければ、
風も思ったほど気にならない。何より久々の実走そのものが楽しいっ!
12周ぐらいだったか、後方に目を向けると少し間があいている。
イイヅカくん、イシイくんに「少し上げますよ?」と声をかけベースアップ!
あわよくば後ろの集団をバラバラにしたい。3周回ほど頑張ってみるものの、
向かい風区間で差が詰まってしまい振り出しへ。


4.jpg


中盤
先頭グループのメンバーを観察。
飯塚くん、先頭を牽く時間が長く力強い。
イシイくん、淡々と自分のベース、終盤まで温存か?
オリハラさん、きっちりローテ、そして何より脚の絞れ方が凄い!血管浮いてるし。
自分、とにかく久々なので安全と省エネを意識。
25周ぐらいだったか。これまで後方にいた4?5名が前に出る。
折角なので少し下がってしばらく後方で静観。2周ほどでそのグループはバラけてしまう。
それでもナカムラさんが1人踏ん張るが敢え無く吸収。
ここからまた先頭付近で周回をこなす。風は変わらず吹いている。


5.jpg


終盤
残り15周、何人が脱落したようだが集団はまだ大きい。基本的に先頭は先述の4人で回す。
イシイくんから「この後どうします?残り10周ぐらいから行きますか?(後ろにいる)
ツキイチの人に獲られるのは嫌なんで…」と逃げのお誘い?を受ける。
全く同感なんだけど、自分としてはイシイくんにも勝ちたいので
「スプリントが良いなあ、イシイくんが勝つとしたら5周か3周かぐらいから行くのが良いんじゃない?」と返す。スプリントと言ったのは、
自分がイシイくんに先着出来る可能性が1番高い方法を選んだつもり。
残り12周ぐらいからかふわーッとムネヨシくんが上がってきた。
残り10周、S/G地点手前の登りで突然「ムネヨシさん行った!!」とイシイくんが叫ぶ。
一瞬、反応が遅れてしまいコレはマズイと思ったが、
ムネヨシくんが抜き際にこちらを見てにっこり笑いながら「ただの先頭交代です。ニコッ!」と。
おいおいっ焦らせるなっ!と思ったけど悟られないよう微笑み返す。
登りの度にムネヨシくんがじわーっと上げ始めると、
イイヅカくんがついに力尽きたか右手の合図と共にスローダウン。


6.jpg


ゴールへ
残り5周。集団はようやくバラけ始めたか?後ろを振り返る余裕がなく後方の状況はよくわからない。
イシイくんが飛び出す様子はない。残り3周も淡々と一定。
コレは自分にとって有利な展開、スプリントに備えて呼吸を整える。
残り2周となってもで 淡々とローテ。そしていよいよファイナルラップを迎える。
オリハラさんが牽いて行く。自分は2番手、3番手は恐らくイシイくんか?
その後ろの状況はわからない。
運動場を越え、テニスコートも越え野球場に差し掛かるまでオリハラさんの1人牽きっ!
野球場をぐるっと回って登り坂に差し掛かるとイシイくんがスルスルと上がってきて自分と横並び。
大きく息を吐いた後、一気に全開、先頭に立つ!周りの状況は全く分からないが、
ゴールラインを越えるまで全力を出し切る!


7.jpg


振り返り
今回、積極的に集団を牽引してくれたのはイイヅカくんです。
イシイくんはさすがの走り、今更言うべきコトは特にありません。
オリハラさんの走りも安定して強かった!

自身として
〈良かったこと〉
安全に走り切れた。
周りを観察しながら走る事が出来た。
得意の展開に持ち込めた?
そして何よりロードバイクを楽しめた。
〈良くなかったこと〉
終盤消極的な時間があった。
補給が上手く摂れなかった。

昨年のレポートの締めくくりに、
「次回もレポートを書ける日を楽しみにしておきます!そして来年は、晴れますように!」
と書いていました。両方とも見事叶いました(笑)
と言うわけで今回のレポートの締めくくりはコレ!

次回も晴れますように!沢山の方と一緒に走れますように。
ありがとうございました。

第4回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース
in下総フレンドリーパーク
Swacchiクラブ No.1 決定戦!

フォトアルバムアップしました!!
@takausami

リザルト




banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第30回記念「ツール・ド・おきなわ2018」大会に行ってきました。

45852365_1997600053619904_4033001512446722048_o.jpg
Swacchiメンバー ナカヤマさんよりレポート頂きました。


第30回記念「ツール・ド・おきなわ2018」大会に行ってきました。


「ツールドおきなわ2018 市民210km」に参戦してきました!初めての沖縄、
初めての「ツールドおきなわ」です。

レースは7:27スタートなので、朝6時頃に選手招集場所に行くと、
もうすでに50台くらいのバイクが並べてありました。
まだ暗いのに沢山の選手が集まっています。
スタート地点に移動し、ヤグチ選手・クロサワ選手と合流。
シード選手の後ろ、一般の前から3列目からのスタートです。

オンタイム7:27にスタート。大集団なので落車に注意し周りの選手を確認しながら、
無理しない程度に少しずつ前に上がります。
やがて周りの動きが少なくなり、自分の位置が安定してきました。
すると左の方から「シューッ」と言う音が。誰かパンクかなと思い注意すると、
左前方から「ガシャガシャ」と。早速落車発生です。
落ち着いてブレーキングしながら、安全なスペースを探して回避です。
さっきの「シュー」はブレーキロックの音だったようです。
そして今度は前方に急な上り坂が見えて、右側がカラーコーンで規制されて狭くなっています。
これは危険なシチュエーション。身構えていると案の定、右前方で落車発生。無事に回避できました。

平坦区間の最後にもう一度大きい落車がありましたが、落ち着いて回避出来ました。
この落車で完全にストップして集団は分断、でもまだ見える位置です。
最初の勝負所、遅れる訳にいかないので、
周りにいた選手数人とローテーションしながら全力で追います。
すぐに追いついて、普久川ダムの登りに入ります。
ここまで約70km、アベ40.0km/hですがほとんど足を使っていません。

普久川ダムの登りは20分なので4倍から4.5倍で登ってましたが、途中でタレてきます。
金曜日のアクシデントで体調不良、腹筋に力が入りません。
普段なら行けるのに、やはり今日はダメです。
平坦は誤魔化せても、登りはどうにもなりません。
ここでSwacchiメンバーと行くのを諦め、痛みが出ない程度に頑張ります。

かなり位置を下げましたが、まだ周りに選手はいます。
その選手たちと協力しながら奥の登り、海岸線、2回目の普久川ダムをこなします。
下って学校坂、ここからがツールドおきなわ
とムネヨシさんから聞いていたので気持ちが切れないように頑張ります。

ここからアップダウンと言うか、短い登りと下りが何回も来ます。
どんどん足が削られますが、この様なコースは練習してきたので、得意とする粘りの走りです。
そして海岸線に出てきたので、少しすると羽地ダムの登りが始まりるなと。
海をチラ見すると、これぞ沖縄!という絶景です。

しかし今はレース。向い風の中を10人くらいのパックでローテーション。
ここで秘密兵器LAST Kmの摂取です。
これが正解で、最後までこれ以上タレずに済みました。


45803857_1997599810286595_1140474891246501888_o.jpg
45950187_1997599880286588_3233676345967902720_o.jpg

羽地ダムの登りに入ると、「中山さん、楽しんで!」という声が。
元Swacchi店員さん、沖縄在住のオクヒラさんでした。おかげさまで、元気が出ました。
写真もありがとうございます。
ヤグチさん目の前、って情報を教えてもらいペースアップ!
トンネル手間でキャッチ。
そのままのペースでトンネル出て右折。
目の前に壁が…。
両サイドに応援の方々。
恥ずかしい走りは出来ないです。
幸い短いのでダンシングでスピードを落とさずクリア。
ここから下りのようです。

後ろを振り返ると誰もいなかったので、下りを攻めて平坦に。
ペースで走っていると、後ろに追い越した1人がついてます。
気にせずそのままのペースで。
イオン坂をクリアして後ろを確認。
まだ着いているので、先頭交代を促し一緒に行く事にしました。
途中もう1人を加えて、3人で追い風の中を気持ち良くローテーション。
残り3km、ゴールの事を考えてローテーションしていくが、ここで争っても仕方ない。
安全に行こうと決める。
ラスト1km、2番手。
500m、同じ位置。
300m、先頭の選手がもがき始めた。
ぴったり番手のまま。
100mで横を確認。
誰もいない。
調子悪くないので、210km走った後のスプリント練習のつもりで、前の選手を交わしてゴール。
最後にその選手にお礼を言って、先にゴールしているメンバーの元へ。

45676875_1997839096929333_869420682016980992_n.jpg
46049039_1997837960262780_1623423901889462272_n.jpg

今回初めて参戦しましたが、良かったです。
ツールドおきなわは、特別だって言うけどその意味がわかった気がします。
最後に一緒に参加した皆さん、大会運営スタッフ、ボランティアの方々ありがとうございました。
それから羽地ダムのトンネル手間で、選手に冷えたコーラを配って頂いた方、ありがとうございました。
あのタイミング、今まで飲んだコーラで一番でした。



banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第3回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

Swacchi Road race.jpg
Swacchiメンバー ヤグチ選手よりレポート頂きました。


日時:平成30年6月10日(日)9:00スタート
場所:下総フレンドリーパーク
概要:75kmの市町村対抗個人ロードレース(1周1.5km×50周)
個人:1位〜6位まで表彰 
市町村チーム:ポイントに応じて1位〜3位まで表彰
結果:個人 優勝& 市町村チーム 1位

第3回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース in下総フレンドリーパーク
今年で3回目を迎えるSwacchiロードレース、自身としては昨年に続き2回目の参加となる。(1回目はケガによる不参加)


2.jpg

フレンドリーパーク下総で開催されるこの大会、普段一緒に練習している方々とロードレースという形で競い合える希少な場として楽しみにしている大会だ。梅雨時期の開催とあって天気が心配。今年も残念ながら雨天の予報が出ており、台風接近の影響もあって強風が予想される。とは言え、過去2回は予報を覆す晴天の下開催されているので好転を期待する。目標は絶対落車しないことと、2時間全力を尽くすこと。


9.jpg

~当日朝
会場までは自宅から車で1時間もあれば到着できるので、6時に出発すれば充分なのだが4時前には目が覚めてしまう。すぐさま天気予報と外の様子をチェック。空模様は芳しくないが、なんとか午前中は持ちこたえそう。ゆっくり支度をして、6時10分出発。雨に備えてジャージは2着、防水シューズカバー、レインジェル、ヘルメットのシールドカバーも。7時30分会場到着。参加の皆さん、スタッフの皆さんとご挨拶。受付を済ませ身支度、1周だけ軽く試走へ。雨は降っていないものの、雲の切れ間も見えるので本降りにはならなそう。風がそこそこあり。コースにはすでにレース開催のお知らせと、公園を利用する方と選手の接触を喚起するロープが張られている。野球場カーブ付近ではアライさんがコースに浮いた砂を掃いてくれている。レース中の立哨、周回数のカウント、熱い応援をして下さる方々含め、ボランティアの皆さんのご協力があるので安心して走れる。改めて感謝。


3.jpg

~序盤
開会式を経て、まずは恒例の隊列走行と思いきや、軽く1周流すのみ。隊列走行をアップ代りにしようと思っていたのだが叶わず。

定刻4分遅れの9時4分。いよいよスタート!

普段一緒に走っている方々なのでおおよその走力は把握できる。ムネヨシ君、クロサワ君の2名以外はどんぐりの背比べだろう。展開次第では自分も含め、誰にでもチャンスはあるハズだ。

スタート直後からキツいペースで集団はすぐさま1列棒状。皆さん元気いっぱいで、「本当にこのベースであと70kmも走るの?」ってゾッとする。

10周を終える頃だろうか、ようやく先頭を牽くグループと後方待機のグループが上手く機能して落ち着いてくる。

資料館脇の下りはじめからサッカー場奥の左カーブまでは左からの向かい風。あまりスピードは乗らない。左カーブを経てテニスコートに差し掛かるまでは完全に向かい風。全くスピード出ないし出来れば先頭に出たくない区間。テニスコート~野球場~登り始めまでは軽い追風で軽くスピードに乗せやすく走りやすい。登り始めから右カーブまでは登り+向かい風なのでココもイヤラシイ。最後のゴールラインまでの登りは追い風なのでとても走りやすく感じる。走りやすく感じた箇所で先頭に出て、キツい箇所は後方で温存が理想だけど、なかなかそうは上手くいかない。


4.jpg

~中盤
風が少し強まる。特にサッカー場奥左カーブの風向きが変わる区間はフラつきやすいので前走者と車輪を重ねないよう注意する。風下に行きたいけど出来るだけ真後ろキープで。残り半分、この頃からムネヨシ君が先頭に出る度にベースが上がる。セレクションタイムの始まり。運良くムネヨシ君の後ろに位置取るケースが多かったので呼応してペースをあげるが中々集団は絞られない。残り周回数もまだあるため、4人ぐらいの抜け出しが理想だけど中々上手く決まらない。

道中、クロサワ君から『ヤグチさ~ん、いつ行くんですか?』と誘ってくる。『もう一杯。出れません(ベンベン)』とお断りさせていだだく。30周を迎える頃までには後方待機グループから徐々に遅れ始め、8~9人には絞られた模様。途中雨がパラつき始める。ナカヤマさんから『雨降ってきたよー。気をつけていきましょう』の掛け声。幸いにも路面を濡らすほどにはならず、気付けばいつのまにか止んでいた。


7.jpg

~終盤
残り12周ぐらいだろうか。更なるムネヨシ君のペースアップ。スッーと集団と差が開き独り抜け出す形に。自分も含め皆キツいようで追えない。残り周回数、風、集団の人数からして流石のムネヨシ君と云えど単独での逃げ切りは難しいと判断(実際には切望)し、周りに『見送りましょう』と声をかける。差はぐんぐん開き、最大200m近く開いたか?ゴール前では、店長から『協力して!協力して!逃げ切られちゃうよっ!』と指示が飛ぶ。残り10周、追う集団が上手く機能しない。ムネヨシ君は遥か先。資料館脇あたりで業を煮やしたクロサワ君が大きな声で周りを鼓舞しながら懸命に速度を上げ始める。そこにキワタさんも反応。私もすかさず反応。想定より早いがここが勝負処と決め、全力で追い始める。クロサワ君に『ココ!追うよ!今行かないとーっ!』と声をかけて、追いつくまで全開!全力で1分。逃げているムネヨシ君はもっとツラいハズっ!登り坂の中盤で息も絶え絶えながら、なんとかムネヨシ君に追いつく。


999.jpg

~ゴール
この追走でさらに人数は絞られた。

残り7周ぐらいだろうか?クロサワ君に『残り何人?』と尋ねると『あと4人です』との回答。この頃からクロサワ君の先頭の時間が長くなる。ここからは正に我慢比べ。この4人の勝負だ。

残り5周。ペースは上がらないがキツい。荒ぶる呼吸と、脚の痛み、身体の重さが周を増すごとに強くなり、最後まで一緒に行ける気がしない。ここでふと『もう前出れないよ。沢山牽いて貰ったし、スプリント行っちゃってね』なんて弱音を吐いてしまう。そんな精神状態なので先頭もろくに牽けないが、長い長い我慢の時間が過ぎて行き、ようやく何とか残り2周の声を聞く。するとそれまでの身体の重さ、呼吸の辛さ、脚の痛みが和らぎ、フッと身体が軽くなると言うか、何にも感じない状態に。あれれ?なんだこの感覚は…?最終周前の牽制もあってこの周回はゆっくりペース、呼吸を整える。


88.jpg

さあいざ最終周回、先程までの弱気の虫はどこへ行ったかヤル気に満ちている。資料館脇の下りはムネヨシ君が牽いて行く。サッカー場奥カーブからはクロサワ君、下りきって野球場手前でクロサワ君と横並び。チラッと顔色を伺うとかなりキツそう。ムネヨシ君とタナカさんの位置は判らない。野球場過ぎの登り始めは一旦軽く下がって、クロサワ君が腰を上げたのに合わせるように一気に全開。何の感覚も無くなり「ふわっと」前へと進み、気がついたらゴールラインを先頭で通過。きっと私の所だけ追い風が吹いたに違いない。

10.jpg

~次回へ
今回(も)一番積極的にレースを展開してくれたのはムネヨシ君です。何度も何度もベースアップ、お陰で苦しめましたし走行会とは違う自転車の面白さを実感させてくれました。一番強かったのはクロサワ君です。最後の10周は半分近くは先頭を走ってくれたのではないでしょうか?今年の沖縄での2桁入り期待します!タナカさんは走行会のタナカさんとはまるで別人です。自身としても、途中弱気になる事なくもっと積極的にレース展開出来るよう頑張ります。

9.jpg

お名前を上げさせていただいた方も、そうでない方も、また今回は参加できなかった方も、ぜひ一緒に走りましょう。スタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、そして一緒に走って下さる皆さんのおかげで安全で、楽しいレースです。次回も、レポートを書ける日を楽しみにしておきます!そして来年は、晴れますように!

第3回 Swacchi 市町村対抗 個人ロードレース
in下総フレンドリーパーク
Swacchiクラブ No.1 決定戦!
協賛 森永製菓株式会社、有限会社パワースポーツ

フォトアルバムアップしました!!
@takausami




banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第7回まえばし赤城山ヒルクライム大会に参加してきました!

Swacchiメンバー イシイさんよりレポート頂きました。


555.jpg

第7回まえばし赤城山ヒルクライム大会に参加してきました!

2017年9月24日(日)
天候:晴れ
気温:20度くらい
参加クラス:エキスパート男子
目標:1時間10分切り
結果:1時間11分36秒(グロスタイム)
55位/109人中
平均パワー:216w
平均心拍:185bpm
平均ケイデンス:82rpm
平均スピード:17.4km
起床時体重:54.5kg(軽量化前)

レース2日前
Swacchiにてレース前の点検とチェーン交換。宗吉さんに機材を万全の状態にしてもらう。

レース前日
午後9時就寝。

レース当日
朝2:50起床。駐車場4時着。アップは5時からローラーで30分、道路で20分。内容としてはL6を1分×3、心拍は180bpm程度まで上げた。
あとは流し。自分にとってはこれくらいがちょうど良い量みたい。
午前7:05レーススタート。
スタートから約20分間は断続的に250〜300w程度で走る。アドレナリンと集団効果でそこまでキツく感じない。
心拍も余裕があるように感じる。トレインを乗り換えるときに出力が上がるが無理のない範囲なので問題なし。
ただ、トレイン内での出力が180wくらいまで下がっている時間が結構あったのでさすがにサボり過ぎだったかもしれない。

中盤、直線基調で斜度7〜10%の区間が続く。この辺りでケイデンスが下がり出す。2週間前の試走ではそんなこと感じなかったのに...
ギアが足りない。辛いので後ろに付いてる人に先頭交代を促す。が、しばらくして女性だと気付く!流石に申し訳ないので
すぐ先頭を変わるが、結局千切られる泣(後でリザルトを見たらエキスパート女子の優勝者でした)

終盤の九十九折区間。ペースが上がらない。思った以上に序盤の高出力のダメージが大きいのか。そしてやっぱり全然ギアが足りない!!
自分の5分後にスタートした年代別の上位者に抜かれて行く。エキスパートなんて10年早い!と情けなくなる。
タイムも自己ベストは望めないので力を出し切ることだけ考えることにする。
ラスト2km、勾配も緩くなり周りのペースも上がるので負けじと全力。ラスト500m、ダンシングでもがく脚は残っていないので
シッティングで全力もがき。この日の最大心拍193bpmでゴール!出し切った。でもタイムはベストから1分以上遅れていた。
ゴール地点は快晴なのに気分はまったく晴れず...来年のリベンジを誓って下山する。

考察
今回、レース2週間前から軽い食事制限をしたところ想定外に2kg近く体重が落ちてしまった。
そのせいでパワーの低下を招いてしまった気がする。
また、おそらくその影響で免疫力が下がりレース2日前に風邪を引いてしまったので、来年は減量を
計画的におこない、パワーが下がらないようにしたい。
レースの内容としては、序盤はいい感じで走れていたと思うので、後半垂れないよう筋持久力をアップさせていきたい。
そして今の実力で36-25は無理でした。
まだまだパワトレ1年生、伸びしろはあると信じて引き続き頑張ります。
走行会でたくさんいじめてください!

長文にお付き合いいただきありがとうございました。


banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第2回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

Swacchiメンバー イシイさんよりレポート頂きました。


ishi-2.jpg

日時:平成29年6月04日(日)9:00スタート
場所:下総フレンドリーパーク
概要:75kmの市町村対抗個人ロードレース(1周1.5km×50周)
個人:1位〜6位まで表彰 
市町村チーム:ポイントに応じて1位〜3位まで表彰
結果:チーム優勝&個人6位入賞


昨年同様天気に恵まれた6月4日、第2回Swacchi市町村対抗個人ロードレースに参加しました。
コース、距離ともに前回と変わりませんが風がやや強いこと、
そしてなにより参加メンバーが強力な為キツい展開が予想されました。

レースの中心となるであろうスタッフムネヨシさん、走行会第1グループのメンバー、
そしてどんな走りをするのか読めないサクライさんの動きをしっかり見ることを意識してスタート。
開始と同時にムネヨシさんがペースを上げ集団は1列に。
ここから長い50周回が始まりました。

序盤
逃げと吸収を繰り返します。途中6人くらいの脚の揃った逃げに乗れたので
集団に差を付けようと頑張りますが失敗。
この時点でわりと脚に疲労感あり。

中盤
今まで後方にいたメンバーが前に上がって来ます。
集団の中にいる時間が長くなり脚が少し回復。
ガーミンのログでも心拍が下がっていることが確認できます。

ishi-1.jpg


終盤
疲れから集団のペースが上がらないことが増えてきます。
時々ヤグチさん、ムネヨシさん達と前でペースを上げますが
後ろもしっかりついて来ており決定打にはなりません。
そして残り8周12キロ、ムネヨシさんが飛び出した!最後のセレクションだと感じ飛びつきます。
後ろは誰も来ません。残り距離から一瞬ためらいますが、
先ほどの様子から集団がしっかりローテして追ってくるとは思えず、
おそらくヤグチさん、クロサワさんあたりしか回らないだろうと予想し最後まで逃げる覚悟を決めます。
かなり脚にきており長く引くとすぐにペースが落ちるため、
ムネヨシさんには申し訳ないと思いつつ早めに先頭交代。
感覚ではムネヨシさん6:イシイ4くらい。
可能な限り速いペースを維持して進みますが疲労から残り周回が
減っていくのがものすごく遅く感じます。
それでもムネヨシさんから離れればそこでレースが終わってしまうと思い必死でついていきます。

残り3周くらいで野球場の反対側に集団が見えた時、ようやく逃げ切りが見えてきました。
あとはゴールスプリントでミスをしないようにするのみ。

最終周、ゴール前の登り坂に先頭で入ります。
集団が来ないことを確認しつつ若干ペースを緩めて脚を貯め、スプリントに備えます。
後ろでムネヨシさんのギアチェンジの音を聞きつつスプリント開始!
両モモが攣りそうになりながらなんとか先頭でゴールに飛び込みました!

フィジカルが1番強かったのは間違いなくムネヨシさんであり、
積極的にレースを作らなかった自分が最後に勝たせてもらった感じでした。
次回はもう少し自分からレースを作れればと思います。

最後に今日1日暑い中仕事をしてくださったボランティアの方々やSwacchiの方々、
どうもありがとうございました。とても楽しい1日を過ごせました。
しっかり練習して来年もまた参加したいと思います!


banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

「桜のアルプスあづみのセンチュリーライド2017」(2days) に行ってきました。

Swacchiメンバー ハネイシさんよりレポート頂きました。



1492983358295.jpg

「桜のアルプスあづみのセンチュリーライド2017」(2days)に行ってきました。

日にち   2017年4月22(土)・23(日) 1泊2日

メンバー  ハネイシ&カミさん

コース   長野県松本市(梓水苑)~白馬村(岩岳スキー場)往復

実走距離  1日目(往路)90㎞ 2日目(復路)70㎞

例年は、5月(緑)だけの開催でしたが、エントリー希望者多数のため
今年は、4月(桜)と5月(緑)の2回開催となりました。
更に限定20名の1泊2日でコースを往復する(2days)特別枠も用意され、
我々はこれにエントリーしました。
アニメ「ろんぐらいだぁす!」の中でも、このイベントが紹介された
こともあり、エントリー解禁後に僅か数分で定員に達する大人気の
イベントです。

【1日目(往路)】
松本市「梓水苑」が受付(スタート地点)です。
今日のフィニッシュ地点の岩岳スキー場まで荷物は届けてくれます。
サポートライダー(女性2名)による安全管理のもと、各自のペースで
満開の桜の路を走りました。
メインイベントは、明日(23日)なので、往路のエイドステーション
はありませんが、その代わり50㎞地点「あずみの公園大町・松川地区」
http://om.azuminopark.com/ での食事と65㎞地点「アン・マリーレ」
のパリブレスト http://anne-marille.com/ が付いていています。
日が暮れかけたコース終盤(木崎湖・青木湖の湖畔)は、北西の向かい風
が強くへこたれながらようやく白馬村の岩岳スキー場に到着(16:50)
しました。
白馬村はようやく雪が解けて、やっと春が来たって感じでした。

DSC_0226.jpg

【2日目(復路)】
朝日に輝く白馬三山をバックに記念写真を撮り、スタート(9:00)です。
松本「梓水苑」をスタートしたメインの参加者とは青木湖付近ですれ違います。
木崎湖畔の「Yショップ」でお焼きを食べ、追い風にのってグングン走ります。
桜吹雪の中、「梓水苑」にフィニッシュ(13:15)しました。

DSC_0237.jpg


ロングライド前の事前点検をしっかりやってもらったお蔭でマシントラブル
も無く160㎞を走ることができました。


「桜のアルプスあづみのセンチュリーライド2017」大会HP


banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

Race Report for the first Swacchi Municipally & Individuals road race in Shimofusa Friendly Park

016-001.JPG

Race Report From Swacchi member Alex


041-001.JPG

Race Report for the first Swacchi Municipally & Individuals road race in Shimofusa Friendly Park

When: 26/June/2016 9am Start
Place: Shimofusa Friendly Park (Sports part in rural area)
15km from Narita Airport
50km from SPORTS CYCLE SHOP Swacchi
70km from Tokyo Station
Distance: 50laps of 1.5km cycling course containing a small climb
System: Individual race plus team points based competition with teams being formed based on riders municipality. Points were also accumulated by volunteers.



176-001.JPG

Before the race there was conflicting expectations for the event. I believed it was to be a friendly race yet rumors started circulating that Muneyoshi-san (of Swacchi staff and the most feared competitor) and Ishii-san will race hard from the start. Since riders were to be ‘pulled’ (i.e. couldn’t continue) after getting lapped perhaps many (including me) were worried should these two riders attack early in the race!



186-001.JPG

For myself it was my first race in a few years so I was feeling a little nervous. I was also concerned due to the additional weight around my waist, however fortunately the hill turned out to be more of a ‘power climb’ and perhaps did not suit Muneyoshi-sans tendency towards high cadence.



056-001.JPG

Just before the race Tenchou-san (aka Suwa-san, aka Michiaki, note: Tenchou means Store-master) conducted a mock ‘opening ceremony’ before laying down the rules for the race – safety is a high priority with Swacchi which is typical of Japan.



101-001.JPG

From the start the pace was high but controlled, and for the first few laps the race held together.
The first dangerous attack was made by Morita-san and Kurosawa-san – yet luckily it was early enough in the race that we could pull them back after some laps off the front.



159-001.JPG

A few people managed some time off the front, including myself, however for the last 20 laps it turned into a race of attrition at the front.



241-001.JPG


257-001.JPG


258-001.JPG


260-001.JPG

In the last few laps there was just five of us left at the front: Ishii-san, Muneyoshi-san, Orihara-san, Tanaka-san and (somehow) myself. I was really struggling to stick with everyone, yet luckily it came down to a small sprint finish which is my forte. Tanaka-san and Orihara-san held the front in the last lap however Ishii-san quickly came around in the sprint and none of us could follow his turn of speed.



276-001.JPG

For myself I crossed the line with my heart rate at a record 199bpm (a little scary as I thought hear rate dropped with Edge…) and found myself physically sick under a tree.
In the end half of the field finished the 50laps and everyone did at least 20 laps. So the system worked well.
By my speed we averaged ~37km/hr for the 75km which is a high pace given the humidity, heat, undulating course and fluctuating pace due to attacks.



036-001.JPG

With a professional cameraman, certificates and prizes it was a well run little event. My wife and 6month old child attended and they were quickly made to feel at home amongst everybody.




279-001.JPG


290-001.JPG

Actually this was perhaps one of the most enjoyable races I have participated in. It was competitive but not aggressive. The comrade within the Swacchi community is strong and there is simply a great vibe. The Swacchi members strike a great balance between being serious towards the sport but also light hearted and fun.



197-001.JPG

I look forward to the next Swacchi Road Race – I plan to take my revenge on Ishii-san!!



284-001.JPG

Thank you for the chance to participate, and thank you to the volunteers at the race.





banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

第1回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

051-001.JPG

日時:平成28年6月26日(日)9:00スタート
場所:下総フレンドリーパーク
概要:75kmの市町村対抗個人ロードレース(1周1.5km×50周)
個人:1位〜6位まで表彰 
市町村チーム:ポイントに応じて1位〜3位まで表彰
結果:チーム優勝&個人6位入賞

006-001.JPG

Swacchiメンバー ネモトさんよりレポート頂きました。

(主な使用機材) 
フレーム:コルナゴC60
コンポーネント:DURA-ACE9070
ホイール:ENVE SMART3.4
パワーメータ:パイオニアぺダリングモニター
ヘルメット:KASK PROTONE
ジャージ:CANNIBAL メンズサイクルジャージ CANNRED

第1回Swacchi市町村対抗個人ロードレースinフレンドリーパークに参加してきました!

ギリギリでしたが、なんとか6位入賞できました!
それではレースの様子や感想を書いてみたいと思います。


034-001.JPG

今回のロードレースはSwacchiさんで毎週開催している走行会のメンバーのみで実施されました。
参加人数は店長とスタッフムネヨシさんを含めて22名です。
全員が力量を知っている状況なので、そこがポイントだったと思います。


●レース前

054-001.JPG

全員で一列、二列、四列のトレインのパターンで、コースをそれぞれ1周します。
アウトサイドインサイドでの速度差、段差など障害の対応、前後左右の人間との距離感などを
確認するように店長からアドバイスがあります。
横に広がった場合、運動広場や野球場の縦の段差に注意する必要があることを感じました。


●レース序盤

065-001.JPG

まずは、レース中にどこに位置取りするか?ですが、レース参加者22名の内、10名は自分より走力が上もしくは同等の人がいます。
正直、ガチンコでやりあって優勝はできません。
そこで、レースの目標を『完走あわよくば入賞』に定めて、集団最後尾に陣取ります。

この作戦だと走力の高い人が協調して逃げた場合、最後尾からでは追いつくのは難しいと思いました。
しかし、1〜2人が抜け出し先行するだけで、グループで逃げが決まる様子はありません。

これは、ある程度全員にロードレースを楽しんで貰いたいという意思から、

スタッフムネヨシさんが『敢えて走力の高い逃げグループを作らなかった』ことと、
『スタッフムネヨシさん抜きでも逃げグループを作る』という他メンバーの意思統一が無かったためと思います。

ちなみに今回参加できなかったチーム市川のもう一人のエース社長さんに
「社長さんだったらどうやってスタッフムネヨシさんに勝ちます?」と尋ねたところ、
「事前に走力のあるメンバーに声を掛けて、序盤から逃げる」とのことでした。
社長さん流石です。


140-001.JPG

さてレースでは、店長が集団の真ん中から後方に掛けて、結構ポジションを移動しています。
どうやらみんなにアドバイスを送ったり、中切れに対応している模様。
店長が後方に下がってきて「今はまだ行かないで、残り10周目まで我慢!」と
アドバイスをくれます。
中切れが起こりそうで、ちょいちょい踏んでしまいますが、アドバイスを胸に「我慢、我慢」と落ち着かせます。

登りはリラックス。フラット部分を握って踏み込まないようにクルクル回す、こういう時は
サテライトスイッチがとても重宝します。



●レース中盤

160-001.JPG

登りでのスピードアップなど徐々に集団の速度変化が大きくなります。
スタッフムネヨシさんによる『振るい落としタイム』
それに伴い遅れていくメンバーが現れます。

普段なら問題なく付いてこれるメンバーが遅れているので、声を掛けると「エネルギー切れ」と返事。
復調は難しく「行って」とのことなので、前方集団にブリッジします。

速度変化に集団が少しづつ小さくなって行きます。
そんな中、みんなにアドバイスを送っていた店長がアタック?
あぁ、レースを降りて運営側に回るつもりだろう、店長お疲れ様でしたm(_ _)m

※店長はこの後ボトル渡しなどの役目にまわってくれました。

集団も小さくなってきたので、5人以上が先行する場合はブリッジを掛けるように注意します。
しばらくすると、スタッフムネヨシさんを含む5人と後方に間が空きます。
一緒に後方に位置取りしていたタナカさんから「追わなくていい!?」と声が掛かります。
後方グループに走力のあるメンバーがいたので「大丈夫!」と返事をします。

が、追う気配が無いので単独でブリッジを掛けます。
前方集団に追いついて、後方を見るとしっかり付いてきているのでスルスルと後退します。

そんな感じが数回続きました。



●レース終盤

199-001.JPG

これまで後方に下がってこなかったメンバーが下がってくるようになります。
口には出しませんが、序盤に比べて明らかに疲労しているように見えます。
スタッフムネヨシさんは集団をよく見ながら次の展開を考えて後退しているようです。



●残り12周

204-001.JPG

イシイさん、アレックスさんの2名がちょっと抜け出す形になり、オリハラさんが追い掛けます。
しかし、後続は追い掛けません。スタッフムネヨシさんも静観しています。

先頭グループと10〜15秒のタイム差が付きます。

登りに差し掛かると、スタッフムネヨシさんが集団右に出る。

腰を上げ、

アタック!!!

これは付かないと行けない!と思い、全力で付いて行きます。
この日の最大出力!



●残り10周

222-001.JPG

先頭グループは7名になり、数周で一人が遅れ、6名になりました。
入賞の文字がチラつきますが、先ほどのアタックで足は攣る寸前です。
スタッフムネヨシさんが足を叩いているので真似をしてみます。
※気合を入れてるのかなと思いましたが、いろいろ動いて限界だったんですね。

ゴールスプリントはできる状況ではないけど入賞のため、ローテーションに加わってみます。
イシイさんから「足残してますね」と言われますが、三味線ではなく本当に限界。
直後の登りで、ついに攣ってしまい先頭から遅れてしまいます。



●残り3周

登り手前で後方を確認すると、上遠野さんとその後方に数名が見えます。
攣ったことを悟られるとこのグループが活気づくかもしれないので、騙し騙し回します。



●残り1周

246-001.JPG

後方を確認、上遠野さんとの距離はそこまで詰まっていない。
入賞に向けて安全マージンだろう!
が、蛍光イエローのヘルメットが猛然と加速しているのがチラッと見える。

最後まで気が抜けない!!!



●最後の登り

267-001.JPG

後方を確認、よし大丈夫。
ゴールラインが見える、もう一度後方を確認。
ジャージのジッパーを上げて、ガッツポーズでゴール。

気分は優勝、実際は6位入賞。「いや優勝じゃないから!」の声は気にしない。



●ゴール後

288-001.JPG

イシイさんが1着でゴールしたことを聞く。
「おお!すげえ!」「・・・ということは」

市川市チームが市町村対抗で優勝!!!イシイさん様々です。

という訳で、結果も上々♪非常に楽しい一日となりました!

最後に大会の開催にご尽力してくださった店長ご夫妻、ムネヨシさん
また、運営のためにお集まりいただいたボランティア皆様に改めて感謝します。

第2回大会も楽しみにしています!




banner_cycle_event.jpg
クラブ員の方にご連絡です♪

クラブ員さんのサイクリング・ロードレース・ツーリング・イベント・などの
レポートなど募集しています♪

クラブチームページに新たに サイクリング・イベントレポートのブログを立ち上げました。
そちらにクラブ員から頂きましたレポートを掲載させて頂きたいと思います。

是非!クラブ員の皆様からの貴重な経験や楽しさ、アドバイスなど!
お待ちしております♪









千葉県 流山市 南流山 自転車店
toplogo0.gif

前の10件 | -